だれでもわかるビリヤードガイド!

ビリヤードはどこでもだれでもできるスポーツです。

友達と行ってみたけどよくわからない
ビリヤード専門店は入りにくい
やってみたいけどどうすればいいかよくわからない

そんな方のため「だれでもわかるビリヤードガイド」を開設しました。
これを見れば「なーんだビリヤードってこうやるんだ」
と. ギモンはスッキリ氷解で楽しいビリヤードライフが待っております

さあ会社帰りに. 友達と暇になったら. カノジョに自慢しにビリヤードに行ってみましょう!


【ビリヤードをやってみたい!】編
【キューを買ったぞ!】編
【もっと上手くないたいぞ!】編


Q1. ボールをはいどうぞと渡されたが. どのボールがなんなのかよくわからない

  • A. ビリヤードのボールは全部で16個あります。 白いボール「手玉」・色の付いたボールを「的球」と呼びます。 ビリヤードは手玉を撞いて的球をポケットに落とすゲームです。 的球ではなく手玉を撞いて遊びましょう。

Q2. キューをどう持ったらいいか良くわからない

A.ちょうどいい動画があります!コレでフォームが良くわかる!

Q3. チョークやパウダー置いてあるけど、どう使うかわからない

A.チョークはキューの先のタップにつけてボールとの摩擦を増します
パウダーはシャフトにつけてすべりやすくします。
チョークとパウダーは反対の効能なんですね。

Q4. 厚みってなんだ???

A.ビリヤード用語でよく耳にする「厚み」ですが、これは手玉と的球の重なり度合いのことです。厚み1:1では的球は直進しますが、厚み1/2では約30度に分離して的玉が走ります。厚みのイメージは正確なショットのために非常に重要です。練習量でカンを養うのも有効ですが、トレーニングツールを使用することで上達のスピードアップが図れます。

Q5. ラック組むのむずかしい

A.ボール同士なかなかくっつかないし、ラックがスカスカだとブレイクショットでボールが散らばらないのでゲームもすごく難しくなりますよね(><)

以前は木製の三角ラックが主流でしたが今日ではラックシール・ラックシートを使用して、簡単かつ正確なラックを組んでゲームをしております。
これならだいじょうぶ。

ビリヤードの公式戦でも採用されているんですよ。道具も進化しているんですね。

※タートルラックシートや、マルチラックシートなどの購入はこちらから!
ラック関連用品

Q6. ナインボールってどうやるの?

A.・使うボール
手玉・と的玉1〜9番までのボールを使います。

・始め方
まずは1〜9番までのボールを並べます(ラックするという)
ラックは1番と9番以外はどこに配置してもOKです。
先攻のプレーヤーがブレイクショットにより始めます。

・ゲームの進め方
最小番号から順番に落としていき
最終的に9番ボールをポケットへ落とした方が勝ちとなります。

*番号順にポケットしていくのは難しいため
1〜8番のボールを番号に関係なくポケットして良い
「ネオ・ナインボール」がはじめはオススメです。

Q7. 1万円のキューと5万円のキューはなにがちがうのだ?

A.ビリヤードキューの製作に使用している木材や、内部のハイテク構造の有無、重さの調節の有無、装飾・彫刻などなどがビリヤードキューの価格の差になります。
高いキューほど内部がハイテク構造で手玉のスピン効率がよくなったり、
彫刻がたくさん施してあり、見てるとウットリと言うわけです。

金額に関係なく自分が気に入ったキューがベストだと思いますが
今日のハイテク構造のキューではきっと違ったプレーになることでしょう

マイキューをもつメリットは
「毎回同じ道具で練習できること」なので
(お店の借りてるキューだと毎回感触が違いますよね。滑るキューだったり、滑りにくいキューだったりとバラつきがあります。)
まずはマイキューを持つことが上達への近道です。
当店では世界に誇る日本キューメーカー「MEZZ」をオススメしております
木材・工法など信頼性が非常に高いため、ちょっとお値段が張っても
もしかしたら一生ものになるかも知れません!
この価格でハイテクシャフト装備!MEZZのEC7シリーズは特に日本中で愛される名シリーズです!

※MEZZ EC7シリーズの購入はこちらから

Q8、ケースがほしいが1B1Sとか良くわからない

A.[B]はバット(キューの後部)[S]はシャフト(キューの前部)を表しており、「1B1S」だと「バットを1本・シャフトを1本収納できる」ケースということになります。

キューケースは好みと所持している本数でお選びいただけます。
ハードタイプやソフトタイプなどいろいろな種類がありますのでゆっくりとお選びください。

※当店ではキューケースの分類わけを収納本数別でわけております。ご希望の商品を是非ごらんください。

キューケースのご購入はこちらから

Q9. テーブルの上にジュース置いたら怒られた(><)

A.ジュースがテーブルのラシャにこぼれたら大変ですよね。。。

みんなで使っているテーブルですので気持ちよく使いましょう

基本的なマナー
・飲食物をテーブルに置かない。
・くわえタバコしない
・マッセのまねはやめましょう。ラシャに穴が開いたら大変です
・静かに集中するスポーツなのであまり騒がないようにしましょう

・テーブル付近に住まない。 閉店後は家に帰ってください。。。

Q1. キューをすべりやすく易くしたいなぁ

A.二通りの方法があります。

・シャフトのニスをはがして滑りやすくする

 本来シャフトのニスはキューが売れるまで湿気の進入でソリを防ぐために塗布されてます。そのためペーパーがけでシャフトのニスをはがすと非常に滑りやすくなります。パウダーを使うとさらにすべすべ感アップ!(※ニス落とし以上にやすりがけをすることはシャフトの消耗やテーパー変化に繋がり、シャフト性能の変化にもつながりますので必要以上にヤスリをかけないようにしましょう。)


・グローブを使う

 ビリヤード専用のビリヤード グローブを使用することですべすべアップになります。ニスをはがさなくてもいいので、シャフトを傷める事無く、良い感じに!

Q2. 引き玉(押し玉)ってどうやるの?

A.非常に参考になる動画ありました!

Q3. キューを置いておくところがないなぁ

A.意外にビリヤード場にキューの置く場所がないときありますよね。
せっかくのマイキューのために携帯できるキュースタンドなども販売しております。

また自宅でキューをつるして保管するホルダーなどもあります。
キューの保管は組み立てた垂直に立ててある状態がベストです
ケースは運搬するためものなので、つるして保管すればソリ防止になり完璧です。(ビリヤードのキューは木材ですので、高音多湿な環境や、管理方法を誤ると反ってしまいます)

Q4. ブレイク用のキューは何が違うのか?

A.ブレイクショットはビリヤード独特の醍醐味ですね!

ブレイクキューはブレイクショット専用の設計になっており
プレーキューとは主に以下の点が違います。


・シャフトがプレーより重くバランスが前になっており、振りぬき易い

・ハイテク構造になっているシャフトを使用したキューはパワーを手玉に伝え易い

・タップがプレーより非常に硬い→やわらかいタップだとパワーを吸収してしまう

またブレイクキューを使用することでブレイクでプレーキューを痛めないという
メリットもあります。

Q5. ひねりってなに?

A.手玉の横を撞き左右の回転を与えることで、
手玉をカーブさせたり、クッションの反射角度を変えることができます。

便利だ!

ただし、ヒネリは手玉の重心からずれたところを撞くので、
ズレが発生し狙った箇所に手玉を飛ばすのが難しくなります。

このズレの量はキューやプレイヤーの撞き方により異なるため
マイキューでの練習が非常に重要になってきます。

Q1. タップ交換してみたいなぁ

A.タップは自動車で言うとタイヤに相当します。
タイヤが変わるとドライブもかわりますよね(タイヤメーカーのコピーみたいだ)

タップも硬度・革の種類・製法などいろいろ種類がありますが
今日ではモーリタップに代表される積層タップ(何枚のも革を張り合わせたもの)
を使用しているプレイヤーが多いです。

交換にはお店で依頼すればやってくれますが、
道具をそろえて自分でトライするのも面白いかもしれません。

Q2. ハイテクシャフトっていいの?

A.一般的なビリヤード場においてある貸し出し用の、いわゆるハウスキューでは絶対味わえないのがハイテクシャフトをつけた、ビリヤードキューの打感です。

プレデター社の314シャフト・MEZZのハイブリッドシャフトなど
複数の木材を張り合わせたり、木材の中心にカーボンが入っていたりと
メーカーによりさまざまな工法であります。

ハイテクシャフトは手玉に与えるスピンの効率「キュー切れ」を増し、
ヒネリを加えたときのズレを軽減する効果があります。

また多くのハイテクシャフトは複数の木材を組み合わせて製作しているため
湿気によるソリにも強いというメリットもあります。

ビリヤードキューは高価なため、なかなか買い換えることは出来ませんが、上達するにつれてどんどんと「シャフト」の違いがわかるようになります。あなた自身のプレースタイルにあった「ハイテクシャフト」を選んでみましょう。

※シャフト一覧ページはこちら

Q3. ジャンプショットやってみたい

A.実は通常のプレーでも手玉は低空で飛んでいることが多いです。
ラシャのブレイクショットの白い跡などは手玉が低空ジャンプして
着地した後なのです。

キューをジャンプキューに変え、キューの傾斜角度を加えることで
低空ジャンプからボールを跳び越せるジャンプが可能になります。

ちょっとでもジャンプショットが実戦で可能になれば
窮地を脱出できるかもしれません。

Q4. キューの重さを変えたりできるの?

A.バット内部のバランスボルトを交換することで重さの調整は可能です。シャフトを新しく交換してバランスが変わってしまった、などの調整にも有効です。

MEZZキューをお使いであれば「MEZZバットウェイトカートリッジセット」がオススメです。また、PREDATORキューにも専用の「ユニロック ウェイト カートリッジ キットが販売されておりますので、こちらを使用できます。

Q5. プロっているの?

A.日本には約300名のビリヤードプロがおります(日本プロポケットビリヤード連盟 Japan Professional Pocket-Billiard Association 通称JPBA)
プロの公式戦も行われており、世界のプロ選手も来日して
大きな大会なども行われております。
当店でもなんとアメリカで行われた世界戦「ワールドプールマスターズ」で
ファイナリストの経験を持つ栗林達プロや
女子プロ戦で活躍中の藤井寛美プロが在籍しております。
是非応援ください!

ページトップへ