【回答集】栗林 達プロの「俺に聞け!」

手玉コントロールについてお聞きしたいです。

ビリヤード 手玉コントロールについてお聞きしたいです。

ある程度手玉を狙い通りに動かせるようになり、そこそこ球が入るようになってきたのですが、ナインボールなどをやっていると、ゲーム中にどうしようもない出しのミスをします。
(球が隠れたり、くっついたりといった具合です。)

一応B級になれたかなと思った矢先にいきなりつまづき、そろそろ出しの練習も必要かなと思うようになりました。
しかし、どのような練習をしたらいいかわかりません。
なにかお勧めの練習方法などありませんでしょうか。
力加減はなかなか練習でいつもと同じように撞けている感覚というのは、なかなか感じ取ることは難しいと思います。
基本的に力加減というのは、撞点が1mmの狂いもなく撞くことが出来ないと力加減が出来ているとは言えません。
撞点を一つにして、3段階の力加減(大・中・小)で練習するといいと思います。
その力加減を一定にし、次は撞点を3段階の力加減で、撞点を変えて行く事を練習するといいと思います。

撞点:真ん中・上・下から始まり、やや上・やや下を取り入れる事で、15種類の力加減が出来るようになります。
上級者になってきますと力加減も増え、3~5段階に増え、撞点も縦の真ん中ラインで3~10段階になって行きます。
このように加減と撞点を組み合わせる事で、力加減のバリエーションが増えていきますよ!

回答:プロ(JPBA所属)

新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送休業

QR

ページトップへ