【回答集】栗林 達プロの「俺に聞け!」

本調子の球をつけるようになるために

私は最近毎日撞くようにしているのですが撞き始めの30分くらい調子が悪く、徐々に良くなっていきます。
撞き始めは身体が硬く、フォームがはまらなく、タイミングも合わない感覚です。
ルーティンを確認したり意識するところを変えてみたりと試行錯誤しているのですが、結局は撞き慣れた時間帯に何も考えずに撞いている時に調子が戻るという形になってしまいます。
もちろん最初から何も考えないようにしながらただ撞くようにしても、同じ状態になってしまってる感覚です。

練習時間のない試合など、さらには緊張した場面で一球目から力の抜けた本調子の球をつけるようになるためにどのような練習や意識の持ち方をすればいいかアドバイスいただけませんでしょうか。
栗林プロが実践、意識していることがあれば教えてください。
1球目から本調子で撞けることということは、おそらくほとんどのプレイヤーの方は無いのでは無いかなと思います。
おそらくですが、調子が30分後に良くなってくるということは、その時のテーブルコンディションに合わせることができ始めたのではないかなと考えます。
我々プロ選手は特に、最初はテーブルコンディションをしっかり把握するまでは、思い切ったネクストは取らないように繋げることを考えているのではと思います。少なくとも私はそうです。
毎日同じテーブルで練習していても、いつもと同じコンディションというのはなりにくいです。
湿度、ラシャの擦れ具合、ボールなどでも変化していきます。
始めはしっかりコンディションを把握することが必要ですので、そこに意識を持って取り組んでやってみたらいかがでしょうか?

回答:プロ(JPBA所属)

新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送休業

QR

ページトップへ