▼商品情報

カットショット トレーニングボール 2個セット(白1黄1)

定価: ¥10,584(税込)
価格: ¥8,819 (税込 ¥9,525) 10%OFF
[ポイント還元 95ポイント~]
メーカー: Cutshots
型番: 963827u
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

主にトレーニング、狙い点の練習に最適な「カットショット」ボールセット。ボールの製造はAramith社が行っており、その品質の高さは申し分ない。122のスポット(目印)がカラフルにちりばめられており、様々なトレーニングに活用できる。オフィシャルサイトによる基本的な使用方法は以下図解参照。その他にも、スポットを利用した手球の撞点(どうてん)の確認、ヒネリのスピン・回転量の確認、また、レクチャー時にトレーナー側も明確な言葉(例えば「黄色の玉のこの赤い星に向かって構えて」、「手球の紫の三角のスポットをつきましょう」など)として、狙うべき所をピンポイントで指示できる。ただのカラフルなボールだけではなく、非常に活用方法が多く見出せる本商品は、これからビリヤードの技術をどんどんとあげていきたいビギナー、初心者層はもとより、レクチャーなどでも活用できるため、トレーナー層からの支持も高い製品となっている。

直径約57mm
重さ約165g
製造Aramith

カットショッツバナー

カットショット01

STEP-1

落としたい玉(的玉となる黄色ボール)を落としたいポケットに向かって真後ろから見たときに、中心にあるスポットを見つけます。このスポットを【スポット1】とし目印とします。(カットショッツ トレーニングボールには112のスポットが設けられていますが、狙う点がちょうどそこにない場合は近くのスポットの間など、スポットを頼りに目印を決めやすくなっています)
※図中では「☆(星)」のスポットです。

カットショット02

STEP-2

次に、図中水色のラインのイメージボールを確認します(イメージボールは入れたいポケットに向かって的玉と接するようにイメージするボールです)。そのイメージボールのある場所に白いキューボール(手球)を置いたと想定した時に、STEP1で確認した黄色ボールの【スポット1】と接する点を確認します。ただし、白いボールを付く際はその接するスポットとは逆側になるので、その反対側に見える白玉のポイントを【スポット2】とします。
※図中では「●(まる)」のスポットです。

カットショット03

STEP-3

上記の【スポット1】と【スポット2】を結んだラインが基準となります。注意点としては、この時、いずれのスポットにもキュー先は向けないでください。キュー先が向かう方向は、このスポット1と2を結んだラインと平行になるラインです。この時白玉の中心を向かってキューをむけるように心がけましょう。そしてこの平行線に向かってキューを構えてショット!すれば見事に的玉を落とすことが出来るでしょう!

オフィシャルサイト https://cutshots.com/




新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送休業

QR

ページトップへ