【回答集】栗林 達プロの「俺に聞け!」

キューレベルについてです。

栗林プロこんにちは。栗林超人のランナウトDVD、とても勉強になっています。今回質問させていただきたいテーマはキューレベルについてです。キューレベルはできるだけ水平に(現実には2~4度に)するのが理想とされていると認識しておりますが、実際下を撞くのであればキュー先が下を、上を撞くのであれば上を向くのでキューレベルは毎回変わりますよね。上の撞点を撞く際、キュー先がグリップと同じ高さでヒネる場合に、土手撞きのヒネりのようにカーブが強く出ることが多い気がしています。上を撞く場合でも、キュー先だけでなくグリップ位置も上にあげることによって、芯撞きと同じようなキューレベルにして撞くほうが良いのでしょうか。
基本的には、キューは平行にすることが非常に大切なんですが、レールが邪魔だったり、ボールが邪魔だったりするシチュエーションがあるかと思います。そのような場合はグリップの位置やブリッジの高さなど変える必要はありますが、できることならブリッジだけを変えるようにしている方が良いと思います。このような質問はたくさん聞かれるのですが、ストローク時の形とインパクトの瞬間の形は、自分がイメージしているよりも異なっていることが多いので、スローモーションのカメラなどで自分撮りしながらやってみると、気が付かないことに気付けたりするので、やってみるとより分かりやすくなるかと思います。

回答:プロ(JPBA所属)


関連商品・関連リンクはこちら

ストロークトレーナー 練習 矯正 上達

新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ