【回答集】栗林 達プロの「俺に聞け!」

キューの切り方についての質問です。

キューの切り方についての質問です。 左右の撞点をつくときに、手球の中心から外向きへキューをきかす撞き方と手玉の外側から中心方向に向かってキューをきかす撞き方、平行に撞いてきかす撞き方、超人はどれを使われていますか。  球によるということであれば、その理由やそれぞれの撞き方の利点、弊害などを教えてください。よろしくお願いします。
私の場合、色んなキューの出し方を使うので、一つにまとめる事は出来ませんが、大きく二つに分けるとすると、真直ぐと払うの二つです。撞き方の表現は人それぞれだと思いますが、真直ぐ出す時は、力加減を必要としないライン出しや的をしっかり入れたい時に使っています。払って出す場合は、捻りの加減、力加減、払い加減などで、ボールの強弱を作っているイメージが強いので、払ってキューを出している時の方が手球の力加減をより意識しているかと思います。弊害は、同じ配球でも、クロス、コンディション、テーブル、スレート、クッション、ボールなどによって弊害になったりならなかったりするので何とも言えません。必ず同じコンディションではないので、その時その時、どれがイメージが良いかによって使い分けているような感覚です。

回答:プロ(JPBA所属)

新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ