【回答集】栗林 達プロの「俺に聞け!」

このイメージは変えた方が良いのでしょうか?

早速の回答ありがとうございます。こじりの相談に対し、「イメージボールに対してセンターショットする」という表現は非常にシンプルかつ分かりやすいです。 ただ、私の現状では、フリに対し、イメージボールをイメージするのではなく、手玉と的玉の接点をイメージしてそこに当たるようにショットしている感じがあります。理由は、かなり薄いフリの場合に、イメージボールに対してショットすると、イメージボールに対する同点が的玉の外になるため、難しく不安になり、自然と手玉と的玉の接点若しくは重なり具合をイメージしてショットしようとするからです。このイメージは変えた方が良いのでしょうか?よろしくお願いします。
薄いボールの時には、接点でも問題ないかと思われますが、厚いボールに関しては、接点に当てても、トップスピンやバックスピンの量によってコースが変化します。もちろん、捻りなど使えばもっと変化します。なので、私の場合は厚い球に関しては、イメージボールで狙っています。同じ角度のボールを撞く時でも、撞点やスピード、スピンなどの加減などによって変化することから、イメージボールで狙っています。薄い球に関しては、ショットによって変化が小さいので、接点で狙う方法は、非常に良い方法かと思います。狙う方法は個人差がありますので、『これが正解!』とは言いにくい部分があります。色々試していただいて自分に合う狙い方、撞き方、イメージの仕方を身に付けて行くと良いと思います。

回答:プロ(JPBA所属)

新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ