【回答集】栗林 達プロの「俺に聞け!」

質問の無い方へ

質問をしたい方はこちらへ>>>

  • 2017.06.20
  • 12:14

EX PROと314-3とでそれぞれの特性

ハイテクシャフトの購入で迷っています。EX PROと314-3とでそれぞれの特性など違いがあればお聞かせ願いたいです。ちなみにキューはUJジョイントで、mezzのイモネンモデルです。
EXproシャフトは、基本的に飛びが少なくフォローを掛けやすく、打感は固めに感じるシャフトです。
314-3はEXproシャフトに比べると、トビがありドローが掛けやすく、打感は柔らかく感じるシャフトです。
ある意味正反対ですね(笑)

回答:プロ(JPBA所属)


関連商品・関連リンクはこちら

314-3シャフト/UJ

  • 2017.06.20
  • 12:13

ストロークについて質問です。

ストロークについて質問です。
私は全体的に硬いショットらしくて、柔らかいショットを練習してますが、いまいち理解が出来ていません。柔らかい撞き方とはどういうことですか?
またどういった場面で撞き分けていますか?
私の場合は基本的に撞き分けているという表現はあまり使っていないですね。
柔らかいショット・硬いショットというのもどの撞点を選ぶか、キューレベルなどによって出来るものと出来ないものがあります。
柔らかいショットというのは、ストロークからインパクト後までが滑らかに手玉にキュー先が入っていくようなイメージです。
撞点の選択を普段より端を撞くように心掛けると柔らかくなるかもですね!

最初にも言いましたが、撞き方の使い分けというより撞点と手玉を捉える長さだけしか意識していないですね!

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.06.20
  • 12:11

revoシャフトをブレイクで使用しているとの事ですが

こんにちは
m(_ _)m
質問させていただきます

栗林さんは、revoシャフトをブレイクで使用しているとの事ですが、タップは変更されていますか?変更してあれば、何を付けていますか?
よろしくお願いします。
私はREVOシャフトをブレイク用ににSONICタップを付けています!

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.05.29
  • 14:06

MEZZのジョイントについての質問です。

MEZZのジョイントについての質問です。
UJとWJ、ジョイントによる打感や性能等の違いを教えていただけないでしょうか。
また、(ジョイントピンの下の部分の)ステンレスや樹脂等の材質による違いも教えてください。
あくまでも私個人の感覚ですが、ジョイントが細いピンの方が柔らかく感じような気がします。UJは細いピンなので柔らかく、WJは太いピンなので固く感じています。
性能的な部分では、そんなに差はないと思います。MEZZの製品の凄いところは、個体差が非常に少ないところです。
性能部分もそんなに差を感じたことはないです。
本当に打感の感覚が、少し硬い柔らかいの部分しか感じたことがないですね!

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.05.14
  • 15:35

キュー出しについて質問です

キュー出しについて質問ですが手玉のインパクトの瞬間にキュー先が上がり的玉が入りません、テイクバックからインパクトまでキューを水平にストロークするにはどうすれば良いのでしょうか宜しくお願いします。
キュー先が上がり下がりしても、縦ズレであれば、ボールは入るかと思います。
ただ、誰でもど真中を捉えるというのは非常に難易度の高いことです。
キュー先が上がるということは、二の腕が突き出す時に落ちていると考えらえます。
肘を高さを固定し肘を支点にボールを突けばキュー先がダウンしてくれると思うので、少し水平に近づくのではないかなと思います。
人によっては異なりますが、キュー先を下げる意識を持って突けば良いのではないかなと思います。(腕の使い方は人によって異なるので、当てはまらなければキュー先がダウンするように色々変えてみてください。)

回答:プロ(JPBA所属)


関連商品・関連リンクはこちら

ストロークトレーナー 練習 矯正 上達

  • 2017.04.25
  • 12:27

キューは真っすぐに振っているように見えた方がいい。厚みを合わせる方法

2つ質問です。
 1 白球に対して構えた時、キューは真っすぐに振っているように見えた方がいいのですか?斜めに見えてもいいのですか?

 2 先玉の厚みなんですが、左右ともどの穴を狙っても薄くしか入りません、ちょっと厚いのではないかと思う位の厚みに合わせてポケットを狙っています、厚みを合わせる方法があれば教えて下さい。
1に対しての回答は、私の考えでは真っ直ぐ見えた方が良いのではと思います。

2に対しての回答は、両方薄く外れるということは、角度のある球に対して錯覚を起こしているのかもしれません。
厚み(重なり具合)とプラス距離感をしっかり測ることが大事だと思います。
距離感を確認しに行かないと錯覚を起こしてしまう可能性が考えられます。
「厚いのではないかな!?」と思う場所で入っているということは、そこが正しい厚みだと考えられるので、しっかり距離感も確認して厚みを作り出すといいのではないかなと思います。

回答:プロ(JPBA所属)


関連商品・関連リンクはこちら

ゴーストボール エイムトレーナー

  • 2017.04.25
  • 12:26

栗林超人がREVOシャフトがついたキューをブレイクキューとして使われてい

栗林超人がREVOシャフトがついたキューをブレイクキューとして使われていると知りましたが、自分もかなり興味はありました!具体的にどのような部分でメリット・デメリットありそうでしょうか?!
REVOシャフトでブレイクを打つ理由は、バワーや破壊力が非常に優れていることが理由です。
ただ、REVOシャフトは反発が非常に早いので、キュースピード早くないと使いづらく感じるかもしれません。

回答:プロ(JPBA所属)


  • 2017.04.25
  • 12:25

このようなレベルでの効率のいい?練習はなんでしょうか?

栗林さんお願いします。
約1年ほど前に復帰したSB級です。
以前はキューを効かせた派手な手玉のアクションからのポジショニングが好きでやってましたが、A級を目指すべく堅い入れとしっかりとメリハリのある振りをつけたポジショニングに切り替えています。
撞点も控えめに撞けるよう心掛けて日ごろ撞いています。
このようなレベルでの効率のいい?練習はなんでしょうか?
日ごろはランダムに転がした9個を手玉フリーからの組み立て、取りきりをよく練習してます。
そのままの練習でも良いと思います。
撞点を控えめにと書いてありますが、控えめじゃなくて良いと思います。
最終的に自分が思ったところを撞くという確率が上がっていけば、どんどん上達して行くものと思います。
ただ一番大事なのは、どの局面でどの撞点をどのようにチョイスするかが非常に大事になってきます。
的球に対して、本人が入れやすいそして本人が繋ぎやすいということを意識して、常に大事な局面だと意識しながら毎日練習に取り組むことによって確率が上がって行くのではないかなと思います。
時には楽しく、時には厳しく自分を追い込む練習も大事になってくると思います。

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.04.17
  • 13:05

ネクストで気をつけていることはありますか?

超人はネクストで気をつけていることはありますか?

イレに関しては多少自信は付いてきましたがネクストが甘く難しい配置になることが多いです。
NEXTに関しては、よく「セオリー」という言葉をよく口にしますが、一番大事なのは、本人のセオリーを作り上げることです。
基本、最後まで取り切るという目標に向かってプレイするので、プレイヤー本人が「ここからなら繋がる」「入れ位置で繋ごう」など色々な発想があると思いますので、自分にとって一番イメージのあることを選択することが大事になってくると思います。
私は自分の中にあるイメージをしっかり持って、「ここからなら繋がる」ということを一番大事にプレイしています。
例え、他の人からダメ出しされても、本人がそこからなら繋がると思うのであればそれで良いと思います。
そのうち勝手に手玉を出すことをし出したり、上級者の球を見て自分に取り入れたりして行くものなので、自分にとって使えるNEXTや加減、ショット、取り方などあればどんどん真似して練習課題に取り入れて行くようにすれば良いと思います!

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.04.17
  • 13:04

新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ