【回答集】栗林 達プロの「俺に聞け!」

質問の無い方へ

質問をしたい方はこちらへ>>>

  • 2017.03.21
  • 19:35

シャフトについてですが

シャフトについてですが、ハイテクシャフトで 5/16 18山 のシャフトを
探していますが、ジョイントの形状がパイロテッドのバットにフラットの
ジョイントをセットすると不具合がおきませんでしょうか?
5/16 18山のシャフトはパイロテッドのものが非常に少なくまた高価であるためフラットジョイントで代用ができませんでしょうか?
その辺は、ちょっと私ではなんとも言えません。
ネジ山が一緒であれば問題ないかと思いますが、一応、業者にお問い合わせいただけたらと思います。
http://www.cue-shop.jpこちらからお問い合わせください。

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.03.21
  • 18:00

キューと目の関係について

キューが体に当たるところ
キューと目の関係については、真っ直ぐに見える位置とか、効き目とか、両目とか色々ありますが、キューが体を通る位置は、どの辺りが良いのでしょうか?概ね胸辺りを通ると思いますが、胸のどこを通すかでかなりコースに違いが出てくると思うのです。ちなみに、栗林プロは、どの辺を通す意識でしょうか?よろしくお願いします。
昔は私も顔の位置など気にしながら撞いていましたが、今は自分のフォームの中心に来るように構えていることが多いです。
キューを通す意識は感覚でやっているせいか、気にしたことがあまり無いですね。
とりあえず、「しっくりきた場所で構える」「真ん中だと思える顔の位置」この意識しかしなくなっているので、どこの辺を通すという意識は全く考えておりません。

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.03.21
  • 18:00

タップのRについてですが

タップのRについてですが、各人の好みやデメリットは置いといて、一般的によりスピンがかかるのは平らなほうか丸いほうか、どちらなのでしょうか。教えてください。
私のイメージでは、タップと手球のRが同じくらいが一番良いのでは無いかなと思っています。
私の好みとしては、手球のRよりもちょっと丸い方が私の場合は感覚が良いです。
一番良く無いのは、タップの方が平らな状態が非常に良く無いかと思います。

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.03.21
  • 17:59

早くするための練習を行わないといけないのでしょうか?

はじめまして、仲松と申します。

約7年ほどのブランクがあり、つい1か月程前にビリヤードを再開しました。

ボーラードのアベレージは80点程です。

現在、組み立てを考えるように練習を行っているのですが、上級者と比べるとどうしても時間がかかりすぎてしまいます。

特に難しく考えずに経験を積めば自然と早くなってくるのか、それとも組み立て時間を早くするための練習を行わないといけないのでしょうか?
ボーラードは、組み立てという言葉が非常に使われていますが、一番大事なのは自分が一番確率の高いと思うボールを選択していくことが重要です。
組み立てをしっかり考えていても、自分の苦手な形に残してしまうことは非常に効率は悪いと言えます。
まず自分が入れれるボールを見極めて、自分にとって繋がるように取り切っていくことを意識しているだけで、ショット力が身に付き自然に組み立てのバリエーションも増え上達が早く感じるのでは無いかなと思います。
ポケットビリヤードで一番強みになることは、「ポジション」「組み立て構成」よりも『ショット力』が一番だと思います。

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.03.21
  • 17:57

スタンスについての質問です。

スタンスについての質問です。
右利きの場合、アドレスに入るとき、まず、右足をキューライン上にのせると思います(右足のかかと、土踏まず、つま先など合わせ方は、人それぞれだと思います。)右足も人それぞれだと思います。そこから、上半身を折りたたんでいくときの工程についでなのですが、イメージ的に下半身(特にお尻)は、1.固定ですか?(下半身固定で上半身だけ自然に折りたたむ)2.それともキューのバット方向に引きますか?3.それともキューの左に引きますか?
よろしくお願いします。
スタンスやアドレスに関しましては、テーブルの高さや床の種類によって変化するものかと思います。
基本的にフォームは安定させることが大事ですので、その時に一番安定するスタンスでフォームを作ります。
アドレスに関しても、一応フォームを作る順序は決めておきますが、必ずしもそのリズムで構えられるとは思いませんので、その時その時に微調整してフォーム・アドレスを作ったほうがいいのかなと思います。

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.03.08
  • 15:14

見るのは、手玉、的球?

見るのは、手玉、的球?
ショット時に、見るのはどちらの方が良いのでしょうか?それぞれのメリット、デメリットを教えてください。また、どういうショットの時は手玉を見た方が良い、的球を見た方が良いという配置がありましたら、教えてください。よろしくお願いします。
私の場合は、時には変わってしまうこともありますが、比較的に「近い球は手球。遠い球は的球。」になっていることが多いです。
手球を見るメリットは、撞点をとらえやすいことですかね。デメリットは、厚みに対してどこに狙っていいのかが不安になり、キュー出し・インパクトなどが乱れる可能性があります。
的球を見るメリットは、狙った厚みに対してキューが素直に出やすいところでしょうか!デメリットは、撞点を絞って撞く時に確率が低くなることです。
結論、恐らくですが、プロの選手はほとんどの方が状況に応じて臨機応変に変えてついていることが多いのではないかなと思っています。
人によって合う合わないがあるので、両方トライしてみて合う方を選んで使うといいと思います。

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.03.07
  • 11:45

早撞きと遅撞き

サクサクと早く撞いていくのと、ゆっくり1球1球丁寧と思える程度の早さで撞いていくのでは、どちらがよいと思われますか。
スピーディーなスタイルと、スローリーなスタイルということですね!
早いプレイヤーでも遅いプレイヤーでも確認作業をしっかりしてさえいれば、どちらでも良いと思います。
ただ、早いプレイヤーの選手というのは、練習球数も多くなります。数が多くなるということは、成功する例も失敗する例も多くなります。
私の個人的な思いは、確認作業をしっかりしてビリヤードに取り組むことができれば、回数を重ねて練習している方が上達は早いような気がします。
『サクサク丁寧に撞く』が、一番良いかなと私個人は思っています。

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.02.22
  • 12:18

頭の高さについて

頭の高さについて
一般的に、キューが顎に付くくらい低く構えると言いますが、そうすると、見え方が二次元となり空間的把握が難しくなります。(厚みはみやすくなりますが。)また、ストロークが、まっすぐ出ません。逆に、高くなればなるほど、見え方が三次元となり、空間的把握がしやすくなります(厚みはボケてきますが、イメージボールは作りやすい。)。また、ストロークも比較的まっすぐ出やすくなります。(グリップの手の悪さが出にくい。)
しかし、私には、低く構えるメリットとしては、厚みを見やすい以外に見出せません。しかし、プロの方々の多くが、低く構えてます。これは、なぜなのでょうか?
最初に構えに入る前に、上から見ている感覚でしっかり手球と的球の距離や配球などをチェックした上でイメージボールを作り、構えに入っているからではないでしょうか!?
正直、厚みが見やすいということは、正確にその場所に当てれる確率が高いということなので、厚みが見辛いよりは狙いを定めることができます。
構えてからイメージボールを決めるのではなく、イメージボールを決めてから構えに入るという順番にすると、正確性のある構え方を選ぶと思います。
構え方には異なる部分が非常に多いですが、全世界共通で低く構えている方が多いです。狙った厚みに当てやすいということは、最初に構えに入る段階でイメージボールの作り方を間違っていなければ、高確率でポケットできるということですね!

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.02.21
  • 19:04

キュー出しについて

キュー出しについて
いつも、キューが出てないため、狙った撞点に当たらず、飛ばしてしまうと言われます。自分的には、出してるつもりなのですが、出てないようです。キューを出す良いイメージなり、方法があれば教えてください。
自分が思っている撞点と実際撞いている撞点は、基本的に皆さん微妙にズレるものだと思います。
キューを出す練習はもちろん大切ですが、撞点の発想を変えてみることも大事かもしれません。
キューの出し方的には、出すというより合わせた場所を正確に撞けることが大事だと思いますので、肘をしっかり支点にし、上腕が下に落ちないようにすれば最初に合わせた撞点を捉えやすくなるかと思います。その際、下半身やヘッドアップなどは絶対しては行けません(絶対体を動かさない)

回答:プロ(JPBA所属)

  • 2017.02.21
  • 19:04

新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ