ビリヤード基本用語集

ビリヤード基本用語集

ビリヤード用語集バナー

索引

ア行

厚い・厚み・薄い

的球に手球を当てる際、平面的にみた場合にどれくらいの重なり具合で当たる(狙う)かを「厚さ」という表現でいいまわす。正面に近い状態を「厚い」とする。

穴フリ

ポケットの広さを利用して、厚みを変えて手球をコントロールすること、その狙い。

アンドセーフティ

シュートを狙いに行くが、外した後の事を考え、相手にまわった際に直接狙えない・難しくするように考えられたショット。

イマジナリーポイント

的球を目的とする場所に動くように想定したイメージボールぼ中心点。

イメージボール

的球を目的となる場所に動くように、的球に接するように想像しておくボールのこと。

イレ

的球をポケットにシュートすること。「イレが強い(シュート力がある)」などという。

入れイチ

ポジショニングを考えず、的球を落すことだけを考えたショット。

イングリッシュ

ヒネリのこと。手球の左右を撞いて回転を掛けること。

インパクト

手球を撞くこと。撞くタイミングのこと。

インレイ

キューのバット部分の装飾手法。様々な形に切り抜かれた素材を、同じ形状に彫られた部分に埋め込む。

ウィナーズブレイク

ゲームの勝者が次のゲームもブレイクすると決められたルール。勝者ブレイクともいう。

ウィン(ウォン)

ゲームに勝つこと。スコア結果を書く際に「W-5」など「W」と略すことが多い。

薄め

手球と的球の重なり(厚み)が1/2よりも少ないこと。

エニーボールゲーム

的球の球番号に関係なく狙えるゲームの種類の総称。エイトボールなどが有名。

オープニングブレイク

ゲームが開始された時の一番最初のブレイクショットのこと。

押し球

フォローショットの事。手球の上を撞いて前進回転を与え、的球に当たった後に追いかけるように進んでいくようにするショット。

オブジェクトボール

いわゆる的球のこと。ナインボールであれば①から⑨まで。

オルタネイトブレイク

交互ブレイクのこと。ゲームの勝敗に関係なく順番に交代でブレイクをすること。

カ行

カーブ

手球の軌道が曲がること。

カーブショット

手球の軌道を曲げて目標に向かうようにするショット。

カット

厚みが薄い(1/2よりも)狙いをもったショット。

空クッション

手球をクッションに当てたあとに的球にあたるように狙うショット。空(から)クッションともいう。

キーボール

配置の中で、取り切りを目指す際に重要になる的球のこと。

キスショット

最初に狙った的球を別の的球にあて、最初に狙った的球をポケットに落すショット。

キックショット

手球をクッションに当てたあとに的球にあたるように狙うショット。空(から)クッションともいう。

逆ヒネリ

想定される手球の進行方向とは逆方向の撞点を撞いて回転をかけること。クッションに対しても。

逆フリ

的球をポケットした後に、手球が次の的球がない(狙えない、狙いにくい)位置に向かっていくフリ。

キャノンショット

的球に当てた後の手球の動きを予測・コントロールして、別の的球を狙う・落すショット。

手球を撞くための棒のこと。

キューボール

手球のことをあらわす。

キューミス

チョークがちゃんと付いていない時や、手球の極端に端を撞いた際に、手球とタップが滑ってしまってちゃんと当たらないこと。ミスキューとも。

キレる

手球に強い回転がかかっている状態。

クッション

テーブルの内側にある、壁のこと。弾力性のあるゴムにラシャを巻いた状態で設置されている。

クッションタッチ

球がクッションにピッタリと接している状態。

クッションレール

テーブルの周りに囲むようにつけられた木の枠部分のこと。

グリップ

キューを持つ部分のこと。握り方のこと。糸巻きや革巻き、何も巻かれていないノーラップタイプもある。

クロス

テーブル上に貼られた布のこと。一般的に「ラシャ」とよぶ。

ゲームボール

試合の勝敗を決する的球。ナインボールでは最後の9番ボールのこと。

交互ブレイク

ゲームの勝敗に関係なく順番に交代でブレイクをすること。「オルタネイト・ブレイク」とも。

コーナーバンク

バンクショットで、的球をポケットに狙う際にコーナーのいずれかのポケットに狙うこと。

コーナーポケット

テーブルの四隅にあるポケットのこと。約球2個分の広さが標準的。

コールショット

ポケットビリヤード用語で、ショット前に落すポケットと球番号を指定すること。

こじり

キューを握りこんでしまい、キュー方向が左右にずれること

殺し球

手球の下の撞点を撞くなどして、手球の勢い・スピードを抑えるショット。

コンビネーションショット

手球を1つめの的球に当て動かし、2つめの的球をポケットするショット。(例:①ボールに当て、その①ボールが⑨ボールに当たり⑨ボールを落とす)

サ行

サイドバンク

バンクショットで、的球をポケットに狙う際にサイドのいずれかのポケットに狙うこと。

サイドポケット

テーブルの中央に2つあるポケットのこと。

例:「9先で戦う」など、勝つために獲得しなければいけないゲーム数を表す言い方。

先球

狙う的球のこと。

先角

シャフトとタップの間の部分。先端を保護するためにつけられる。「コツ」「フェラル」ともいう。

システム

テーブルの枠(レール部分)にあるダイヤモンドのポイントを利用して計算し、手球の取るコースを予測するもの。

キュー全体のうち、分割したときの前の部分。

キューを斜め上からラシャに向かって撞くことで、手球を反発させて飛ばすショット。専用のキューもある。

シュート

的球をポケットに入れること。イレともいう。

順ヒネリ

想定される手球の進行方向に向かう方向の撞点を撞いて回転をかけること。クッションに対しても。

順フリ

的球をポケットした後に、手球が次の的球がある(狙える、狙いやすい)位置に向かっていくフリ。

キューのシャフトとバットを繋ぐ、つなぎ目のこと。

ジョイントピン

シャフトとバットを繋ぐためのネジ部分のこと。各社独自の仕様がある。

ショット

手球を撞く(つく)こと。

真撞き

手球の中心を撞いたショットのこと。

スクラッチ

ファウルの一種。手球がポケットに落ちてしまうこと。

スタンス

フォームにおいて、構えたときの両足の位置、幅など。

ストップショット

手球が的球に当たったときに、その当たったその場で手球が止まるショット。当たる瞬間に手球が無回転状態であることが必要。

ストレートショット

手球と的球とポケットが一直線上に並んだ時のショットのこと。

ストローク

手球を撞く際の一連の腕の動きのこと。

スリーファウル

ファウルの一種。3回連続でファウルしてしまうこと。ナインボールの場合、そのままゲームを失う。

スレート

ラシャの下にある石版のこと。通常はラシャに覆われているので見ることはない。

スロウ

球同士が当たった際に、回転などの影響で、球の本来動く方向がズレてしまうこと。

セーフ

ファウルではないこと。

セーフティ

手球を的球で隠したり、遠くに離したり、相手が不利になるように考えられたショット。

センターショット

的球をセンタースポット上に置き、手球をブレイクゾーン内から狙うショット。一直線に置いて練習する際によく使う。

センタースポット

テーブルの中央の点。シールが張られている。

即死

的球が接している状態(ほぼ接している状態でも)で、的球の進行ライン上にポケットなど狙うべき点がある配置になっている状態。

タ行

ダイヤモンド

テーブルの外枠、レール部分に掘り込まれたダイヤ状の印のこと。ショットの際や、システム計算に使ったりする。ポイントとも呼ぶ。

ダシ

的球を入れた後の手球をコントロールして、意図した所へポジショニングすること。

タッチ

球同士や、球とクッションが接している状態のこと。球同士の場合はフローズンとも呼ばれる。

キューの先端についている革の部分。ティップともいう。革製が主流だがジャンプやブレイク用に樹脂製のものもある。

球クッション

的球がクッションに近い状態の時、手球と的球が当たった後にクッションから跳ね返った的球が再び手球に当たってしまうこと。

球触り

ファウルの一種。テーブル上にある手球や的球に、手や衣類などが触れてしまうこと。

球場外

手球や的球がテーブルの外に飛び出すこと。

球なり

的球に当たったあとの手球の進行方向が次にポジショニングしやすいようにコントロールすること。

タップに塗る滑り止め用の専用用具の一種。粉を固形に固めたもの。

撞き切り

ブレイクショットから全ての的球をミスなく、相手に順番を回させることなく取りきってしまうこと。「マスワリ」「ブレイク(アンド)ランアウト」ともいう。

角(つの)

ポケットの端の尖った部分。

つまる

ボールがクッションに入って跳ね返る時、反射角が入射角よりも大きくなること。

テーブル

ビリヤードをプレイする台のこと。ポケット台、スリークッション台、スヌーカー台など競技よって大きさやスタイルも変わる。

テキサス ルール

ナインボールのルールの一つで、ファウルの際に落ちた的球(⑨ボール以外)をテーブル上に戻さないルール。

キューで撞く球のこと。ポケットビリヤードの場合は白い球。「キューボール」ともいう。

撞球

どうきゅう。ビリヤードの日本語名称。

撞点

どうてん。手球のキューで撞く点のこと。

土手

クッション、レールなどの俗称。特にクッションに近い手球を撞く際に「土手撞き」などという。

飛ばす

ポケットミス、シュートミスすること。「抜く」ともいう。

トビ

手球の左右を撞いた際に、手球の軌道がずれること。

トライアングルラック

ブレイク前に的球を決められた形に配置する際に使う三角形の道具。単にラックと呼ぶことも。

トラブル

的球同士が接していたり、直接狙ったり、シュートできないなど困難な状態になっている箇所。

ドローショット

引き球の事。手球の下を撞いて後進回転を与え、的球に当たった後に手前に戻ってくるようにするショット。

ナ行

二度撞き

ファウルの一種。一度のショットで手球を二度撞いてしまうこと。「リク」ともいう。

入射角

ボールがクッションに当たる際に、手球の進行ラインとクッションとの角度。

ネクスト

今狙っている的球を入れ、次の的球も狙いやすいようにポジションすること。「ネキスト」「ネキ」とも言う。

ノークッションファウル

ファウルの一種。手球と的球があたった後に、ポケットされた場合を除き、テーブル上のいずれかのボールが1回以上クッションに当たらなかった場合。

のびる

ボールがクッションに入って跳ね返る時、反射角が入射角よりも小さくなること。

ハ行

ハイラン

ローテーションや14-1といったゲーム種目で、1イニングに出された最高得点のこと。

ハウスキュー

ビリヤード場などで貸し出し用に置いてあるキューのこと。

ハウストーナメント

ビリヤード場が主催者となり開催されるトーナメントのこと。

ハギ

キュー製作の手法の一つ。バット部分の作り方の一種。

弾き球

手球と的球の狙う厚みが厚い状態の時に、手球を強く撞いて、より手球を多く動くように撞くショット、撞き方。

バット

キューを分割した際の後ろ側の部分。様々な木が素材として使われ、ハギやインレイといった装飾が施されることも多い。

バンキング

ゲーム開始時にブレイクショットの先行権を決めるために行う。二人のプレヤーがほぼ同時に遠い短クッションに向かってショット、手前の短クッションにより近づけた方が先行。

バンクショット

的球をクッションに当ててからポケットに落すように狙うショット。

反射角

ボールがクッションに当たり、跳ね返る際の手球の進行ラインとクッションとの角度。

バンパー

キューのバット後部を保護するために取り付けられているゴム。

引き球

ドローショットの事。手球の下を撞いて後進回転を与え、的球に当たった後に手前に戻ってくるようにするショット。

ヒッカケ

クッション際の的球を、手球を先にクッションに入れてから引っ掛けるようにシュート、狙うこと。

ヒネリ

手球の左右を撞いて、横回転をさせること。英語では「english(イングリッシュ)」という。

ファウル

ミス。ファウルすると相手に順番が変わる。

プール

ポケットビリヤードのこと。ポケットに落ちた球がそこに溜まる(pool)仕組みを表現した言い方。

フォローショット

押し球の事。手球の上を撞いて前進回転を与え、的球に当たった後に追いかけるように進んでいくようにするショット。

プッシュアウト

ブレイク直後の初級で手球をどに撞いてもよいとするルール。プッシュアウト後プレイヤーは交代するが相手プレイヤーはパス、ショット両方を選択できる。

フットスポット

ラックの頂点の位置を示す点。

フリ

手球、的球、狙うポケットを線で結んだ際の角度の具合。一直線になれば「フリがない」状態。

フリーボール

ファウルの代償として相手に与えられるもの。相手は自分の好きな場所に手球を置いてからショットできる。

ブリッジ

ショットの際、ストローク時のキューの前側を固定させるための手の形のこと。

フルゲーム

ともにあと1ゲームで勝ちになる状態。「ヒルヒル」ともいう。例:9ゲーム先取で両者8-8の状態。

いわゆるブレイクショットのこと。また、トラブルを壊した際に使う事も。

ブレイク(アンド)ランアウト

ナインボールなどでブレイクショットから9番ボールまで、相手に順番を渡すことなく取りきること。「マスワリ」ともいう。

ブレイクエース

ナインボールで、ブレイクショットをした後にファウル条件がなく、9番ボールがポケットされること。「エース」ともいう。

ブレイクショット

ゲーム開始時のショットのこと。

ブレイクゾーン

ブレイクショットをすることが許可されたゾーン。ヘッド側2ポイント以内のエリア。「キッチン」とも呼ばれる。

ブレイクマット

ブレイクショットをする際にラシャを守るために手球の下に敷くもの。「座布団」ともいう。マットがない場合もある。

フローズン

球と球や、球とクッションが密着した状態のこと。「タッチ」とも。

フロック

偶然で的球が落ちたり、予定していたことと違うが、結果的にうまくいったこと。

ポイント

レール部分に埋め込まれたダイヤ状の点。長辺に6つ、短辺に3つの計18個。

ポジショニング

次の的球に対して手球の位置をコントロールすること。「出し」ともいう。

ポジション

手球や的球が停止している位置のこと。

ポジションプレー

次に狙う的球を狙いやすいように手球をコントロールすること。

マ行

マスワリ

ナインボールなどでブレイクショットから9番ボールまで、相手に順番を渡すことなく取りきること。「ブレイク(アンド)ランアウト」ともいう。

マッセ

キューをほぼ垂直に立て構えた状態から手球を撞くショット。

的球

手球以外のボールのこと。

見越し

手球の左右を撞いた際のズレのこと。これを想定して狙うこと。

ミスキュー

チョークがちゃんと付いていない時や、手球の極端に端を撞いた際に、手球とタップが滑ってしまってちゃんと当たらないこと。キューミスとも。

メカニカルブリッジ

手球の位置が遠かったりする場合、手のブリッジの代わりに使う専用の道具のこと。「レスト」などと呼ぶことが多い。

ラ行

ラシャ

漢字表記で「羅紗」。テーブルに敷かれた布のこと。球の転がりが速い場合「ラシャが速い(軽い)」、転がりが遅い場合「ラシャが遅い(重い)」などという。

ラック

1.トライアングル・ラックのこと。2.ゲーム開始時に組まれる的球の集合のこと。3.1ゲーム単位のことを1ラックともいう。例:3ラック先取でゲームをやろう。

ラン

連続してポケットし続けた的球の数をいう。

ランアウト

自分の番になってから、連続して全ての的球を落し続けたこと。「取りきり」ともいう。

リク

ファウルの一種。一度のショットで手球を二度撞いてしまうこと。「二度撞き」ともいう。

レール

テーブルを囲う外枠の部分。

レスト

1.ブリッジのこと。2.メカニカルブリッジのこと。

ロスト

ゲームに負けること。トーナメント表などに結果を記載する際に勝者に「W」、敗者に「L」と略して書く場合が一般的。「山田W - L佐藤」など。

新規会員100ポイントプレゼント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ